FEZ(ファンタジーアースゼロ)を、もっとたくさんの人に知ってもらい、楽しんでもらうためのコンテンツを置いています。

とりかご | FEZファンサイト
メニュー終わり
おすすめマウス
おすすめマウスパッド

第三十四話 バンク大会 第一試合

開会式が終わり、全チームが控え室に戻ると
初戦の出場チーム『 ぽ! 』と『 銀河団 』が会場へと姿を現す

黒矛「 さぁ、第一試合が間もなく始まるぞ 」

アールグレイ「 今回は、出場チームが少ないため、総当たり戦! 」
アールグレイ「 つまり、2試合目3試合目への影響も大きいです 」
アールグレイ「 これは両軍ともに、頑張って欲しいですね! 」

黒矛「 それじゃ改めて紹介するぞー 」
アールグレイ「 まずチーム『 ぽ! 』

黒矛「 チームリーダーは両手のエース・・・クリボーだぁああ! 」

黒矛「 続いてメンバーの紹介だ 」

黒矛「 ハイブリウォリアー 」
黒矛「 アタック・ディフェンス両方こなす、クリボーの弟分、まいぽっぽ! 」

黒矛「 片手ウォリアー 」
黒矛「 笑顔と不意打ちが素敵な天性バッシャー、らぎぽっぽ! 」

黒矛「 火ソーサラー 」
黒矛「 クリボーを焼くために・・・今、ヘルファイアが燃え上がる、ちりぽっぽ! 」

黒矛「 氷ソーサラー 」
黒矛「 沈着冷静、中距離は数で勝負だ、しおぽっぽ! 」

黒矛「 短剣スカウト 」
黒矛「 気づけば貴方の傍に・・・夜道には注意しろ、えせぽっぽ! 」

黒矛「 弓スカウト 」
黒矛「 高い精度と妨害で全てを止める、うにぽっぽ! 」


アールグレイ「 黒矛さんの紹介は、全員エースに聞こえる・・・ 」
黒矛「 まぁ、お世辞8割ってとこか? 」
アールグレイ「 ぉぃぉぃ・・・ 」

アールグレイ「 続いて対戦相手となる『 銀河団 』のメンバーです 」

黒矛「 リーダーは片手のке颶筅
黒矛「 こいつは突進力が売りで、敵陣深く切り込むのが特徴だ 」

黒矛「 火ソーサラー 」
黒矛「 急速に開花したヘルの精度が抜群だ、のがも! 」

黒矛「 雷皿♂ 」
黒矛「 なぜかバンクに出場した雷サラ、雷精! 」

黒矛「 短剣スカウトは2名紹介だ 」
黒矛「 妨害からパニまでこなせるオールマイティーな短剣、TUBO! 」
黒矛「 急激に成長してきた短剣、妨害しつつも生還する、はぐめた! 」

黒矛「 弓スカウトも2名紹介だ 」
黒矛「 脳筋で、とにかくアタックエリアの広さが売り、うさっこ! 」
黒矛「 正確な射撃と、連射性能は一見の価値あり、ルナウス! 」


黒矛「 紹介は以上だ 」


アールグレイ「 主審はぱぱんだーさんのようですね 」
黒矛「 前置きが長くなったけど・・・第一回戦です 」

ぱぱんだ「 それでは、正々堂々と戦いましょう!はじめっ!! 」

『 ぽ! 』は、
クリボー(両)、まいぽっぽ(片・両)、らぎぽっぽ(片)の3人が先陣となり
中距離にちりぽっぽ(火)としおぽっぽ(氷)、後方にはうにぽっぽ(弓)
えせぽっぽ(短)は障害物を利用して銀河団の右へと回りこむ

一方、『 銀河団 』は、
ке颶筅(片)を先頭に、両サイドにTUBO(短)とはぐめた(短)
中央にのがも(火)、両サイドからうさっこ(弓)とルナウス(弓)
最後方から雷精(雷)の布陣

先手を取ったのは『 銀河団 』
両サイドからルナウス(弓)うさっこ(弓)のトゥルーが十字砲火の様に放たれる

しおぽっぽ「 ぐっ・・・! 」
ちりぽっぽ(火)しおぽっぽ(氷)がひるんでいる隙に
ке颶筅(片)はぐめた(短)が間合いを詰める

TUBO(短)えせぽっぽ(短)がサイドへ回り込むのを警戒して威圧をかける

クリボー「 ふー・・・ 」
クリボー(両)は、ルナウス(弓)うさっこ(弓)による妨害を
とめるためにサイドを押し上げ、二人に威圧をかける

うさっこ(弓)が少し下がり
のがも(火)がアイスジャベリンでクリボー(両)を威嚇する

反対サイドから、まいぽっぽ(片・両)が両手に持ち替え
ルナウス(弓)に威圧をかける

一方、中央では、らぎぽっぽ(片)
ке颶筅(片)はぐめた(短)と距離を計りつつ牽制している

らぎぽっぽ「 XD 」

クリボー(両)は、敵の弓へ威圧をかけていたが・・・
クリボー「 ふぅ・・・ 」と溜め息をつくと、痺れを切らしたのか
一転、雷精(雷)にストスマを使い移動、ルナウス(弓)の背後を突く

のがも「 これでもくらえっ! 」
クリボー(両)は、のがも(火)にヘルを受けるもののルナウス(弓)に食らい付く

それを見ていたまいぽっぽ(片・両)
クリボー(両)にあわせて、ルナウス(弓)にストスマをぶつける

まいぽっぽ「 おやびんっ! 」
ルナウス「 あ・・・あわわ・・・ 」

まいぽっぽ(片・両)のストスマにより、のけぞるルナウス(弓)

クリボー「 その顔・・・ぞくぞくするね・・・ 」

ルナウスが倒されてしまう・・・そう思った瞬間
雷精「 そうはいくか 」
次の瞬間雷精(雷)のサンボルで吹き飛ぶ二人

『 銀河団 』の視線が、クリボー(両)まいぽっぽ(片・両)に集中した瞬間

しおぽっぽ「 凍るの・・・?ねぇ? 」
しおぽっぽ(氷)が死角よりカレスを発動
のがも(雷)うさっこ(弓)TUBO(短)の3人が凍結する

しおぽっぽ「 死ぬわ・・・あなたたち・・・死ぬわ・・・ 」

ке颶筅繊 くそっ・・・守るぞ! 」
ке颶筅(片)はぐめた(短)がフォローに戻るが
えせぽっぽ(短)によりヴォイドとアムブレの妨害を受けてしまう

はぐめた「 のぉおおおおっ 」

凍結した3人に、ちりぽっぽ(火)がヘルを狙うが
雷精(雷)のジャッジによる妨害で、不発してしまう

妨害をうけ、無防備になっているке颶筅(片)はぐめた(短)
クリボー(両)らぎぽっぽ(片)が両サイトから挟む

らぎぽっぽ(片)のバッシュが、ке颶筅(片)を捕らえた瞬間
凍結状態のうさっこ(弓)から放たれたピアが
クリボー(両)まいぽっぽ(片・両)をとらえ、吹き飛ばす

らぎぽっぽ「 XD 」
ちゅりぽっぽ「 ヘルファイアッ! 」

スタンしたке颶筅(片)に、ちりぽっぽ(火)がヘルファイアを当て
さらに、しおぽっぽ(氷)がアイスジャベリンでке颶筅(片)を凍結させる

ダウンから復活したまいぽっぽ(片・両)
相打ち覚悟でке颶筅(片)にヘビスマを放つと
ке颶筅(片)は、バッシュでまいぽっぽ(片・両)をスタンさせる

まいぽっぽ「 おやびーーーーんっ! 」
クリボー「 ウィンビーンみたいに呼ぶんじゃないぽ・・・ 」

そこに、らぎぽっぽ(片)が、スタンプでке颶筅(片)に鈍足をつけると
クリボー(両)がストスマで急接近、ヘビスマをねじこみке颶筅(片)を倒した

ке颶筅繊 俺は・・・イ・・・ケ・・・メン・・・がくり 」

はぐめた(短)が、クリボー(両)のヘビスマ硬直を狙いガドブレを入れる
クリボー「 ふむ・・・ 」

クリボー(両)は、一度距離を置くため、回避ステップをするが・・・

のがも「 逃がすかっー!ヘルファイアァアア! 」
クリボー「 あぶぶ・・・熱いぽ!死んだらどうするぽ! 」
ステップにあわせて、のがも(火)のヘルがクリボー(両)をとらえる

クリボー「 だいぶ減ったな・・・いったん逃げるぽ・・・ 」
逃げるクリボー(両)
ルナウス(弓)と、うさっこ(弓)がトゥルーで執拗に追い回す

しかし、クリボー(両)に集中し、視野が狭まったところに

えせぽっぽ「 にやっ・・・ 」
えせぽっぽ「 ヘアッ! 」

えせぽっぽ(短)のパニがうさっこ(弓)に深く突き刺さる
うさっこ「 がはっ・・・! 」

更に、うにぽっぽ(弓)の正確な射撃により、うさっこ(弓)が倒されてしまう

ウォリアーを失った『 銀河団 』
『 ぽ! 』のウォリアー集団の突撃を阻止できなくなり、押し込まれてしまう

その後は、ウォリアー集団を壁にして
ちりぽっぽ(火)しおぽっぽ(氷)うにぽっぽ(弓)の弾幕で徐々に削られ
クリボー(両)まいぽっぽ(片・両)の突撃により『 銀河団 』壊滅した

ぱぱんだー「 そこまで! 」

ぱぱんだー「 第一試合は7:0でチーム『 ぽ! 』の勝利です 」

黒矛「 まあ、順当といえば順当なのかな? 」

アールグレイ「 『 銀河団 』は編成ミスと言うか・・・ 」
アールグレイ「 ке颶筅舛気鵑倒されると厳しいでしょうね 」

黒矛「 そうだな、スカは確かにいやらしい存在だけが 」
黒矛「 スカ自体が決定的な火力にはなり得ないからな・・・ 」

黒矛「 最後のブレイク&ヘルは良かったけど、その後が続かなかったな 」


アールグレイ「 『 ぽ! 』の方はどうでしたか? 」

黒矛「 『 ぽ! 』は相手の編成で油断していたのか 」
黒矛「 ちょっと無理攻めが目立った感じだな 」
黒矛「 結果としては勝ったが、課題が残る戦いだったと思う 」

アールグレイ「 厳しい分析ですね・・・ 」

黒矛「 まぁ、カセドリアのバンク大会だけが全てではない 」
黒矛「 優勝すれば当然、全国大会に出場することになるしな 」
アールグレイ「 そういえば、全国大会の予選もかねてるんでしたね 」

黒矛「 うむ、簡単にわかる欠点ぐらい克服できないと全国じゃ通用しないぜ 」
アールグレイ「 両軍が2回戦へ向けて、どう動きを変えてくるか楽しみですね 」

アールグレイ「 さて続いては、第二試合! 」
アールグレイ「 『 ヨダレ姫自警団 』vs『 刺身より握りだねっ! 』の対戦です 」

黒矛「 注目の美少女対決って奴だな! 」


控え室を出た両チームは、互いに軽く顔をあわせた

ナラン「 いよいよだな、倍増・・・ 」
倍増「 負けないよ、ナラン姉ちゃん 」

テオルス「 まあ、お互いに頑張りましょう 」
慶太「 お手柔らかに・・・ 」


はたして、第二試合の勝利はどちらの手に!