FEZ(ファンタジーアースゼロ)を、もっとたくさんの人に知ってもらい、楽しんでもらうためのコンテンツを置いています。

とりかご | FEZファンサイト
メニュー終わり
おすすめマウス
おすすめマウスパッド

第九話 連携

初めての合同訓練は、廃慈・倍増・杏の一方的な勝利で終わった

壷「 ふむ・・・よし、それじゃ集まってくれ 」

壷の周りに集まる兄妹達

壷「 それじゃ今の戦いでそれぞれ感じたことを話してもらおうか 」

慶太「 じゃあ俺から言うぞ・・・正直、倍増一人にやられた感じだ。
    もちろん杏の正確な魔法から崩されたわけだが、
    倍増の妨害タイミングが絶妙で、何も出来ないまま終わった感じだ 」

兎「 うーん、実は一回もスキルを使わないまま転がった・・・
   慶太兄ちゃんが妨害された時、すぐに合流すればよかったのかな・・・ 」

葵「 魔法が当たらない・・・
   杏ちゃんとの差が歴然だから、今回の結果に繋がったのかも・・・ 」

杏「 作戦と編成勝ちだったな、あと最初に慶太兄ぃを無力に出来た事、
   そして、その間に兎兄ぃを倒せた事で、勝負がついたと思う 」

廃慈「 ・・・ 」

倍増「 まだだ・・・まだ足りない・・・
    今回はたまたま上手く行っただけで・・・
    次も上手くいくとは思えないんだ、もっと・・・
    俺は、もっと・・・もっと強くならないとダメなんだ・・・ 」 チラッ

っと横目で廃慈を見る


壷「 うん、今でた意見の通りだと思う 」
壷「 今回、足りないと思ったところは、練習するなり意識して次回に繋げよう 」

壷「 では、もう一回やろうか、今度は俺がAチームに入る。
   4対3だけど、先ほどの動きが出来れば拮抗した戦いになると思う 」

Aチームは慶太・兎・葵・壷
Bチームは廃慈・杏・倍増

再び両軍に別れて陣取り、壷の合図で戦闘開始となった

Aチームは慶太を先頭に、右に兎、左後方から葵と壷が続く

Bチームは廃慈を先頭に、すぐ横に倍増、後ろから杏が続く

先端を開いたのは壷だった
最大射程を誇る弓の攻撃がBチームにプレッシャーをかける

壷「 トゥルー、トゥルー・・・倍増!お前を自由にはしないぜ 」

人数で勝るAチームBチームを囲いこもうと広がった。

慶太が切り込むと見せかけて、後方へ退く
廃慈は慶太にバッシュを放つが、空を切る
その瞬間、右から兎が走り込みドラゴンテイルが廃慈に炸裂

兎は、さらに廃慈にヘビスマを狙う・・・が
倍増のアームブレイクが兎に炸裂

兎は武器を取られたため、逃げようとするが
廃慈のアーススタンプにより、機動力を奪われる
さらに、杏のファイヤーランスが兎に襲い掛かる

しかし、壷の援護射撃が入った事により、兎はなんとか生還
慶太がアーススタンプを放ち、倍増と廃慈に鈍足をつける

廃慈が振り向きざまに慶太にバッシュを放つと、
倍増がガードブレイクを入れ、そのままステップを使って壷に迫る

慶太「 ぴよぴよぴよ・・・ 」

葵が廃慈と倍増めがけてブリザードカレスを放つ

葵が放ったブリザードカレスは廃慈に当たり、はじける
しかし、倍増はステップを使い回避

壷の妨害から開放された杏が、慶太めがけて渾身のヘルファイア
さらに、近くに居た廃慈は、慶太にブレイズスラッシュを入れる

慶太はスタンから解放され一時撤退するが、
わずかな間に、慶太のHPはごっそりと削られていた

ようやくアームブレイクから回復した兎が前線へ
葵は、凍結している廃慈にアイスボルトを放ち鈍足状態にする

兎がストライクスマッシュで廃慈に急接近すると、
倍増が葵を牽制しつつ、兎の背後へと回り込む

兎が廃慈を射程にとらえて、ヘビスマを放つが
廃慈も負けじとアーススタンプで応戦

壷は、兎への妨害を止めようと倍増に矢を放つが、
一歩早く倍増のアームブレイクが兎に炸裂

PWを回復した杏が、兎に狙いを定め
ライトニングボルトを1発、2発と確実に当てていく

続くように葵が倍増を止めようと、アイスジャベリンを放つ

葵「 あ、当たった! 」

杏「 また、私かよ! 」

なぜか杏にHITするのであった
杏の凍結によって、両軍一度退き、耐性を整える。

Aチームは、慶太の残りHPが2割、兎は3割、葵と壷は満タン
Bチームは、廃慈のHPが残り5割、杏は5割、倍増が6割

この後、戦闘が再開されるが、
慶太と兎は、残り少ないHPが足かせとなり、満足に動けず、
廃慈と倍増のコンビを崩せないまま、タイムアップで結果は引き分け

4対3の変則マッチで引き分け・・・

Aチームのメンバー、慶太・兎・葵・壷は
Bチームの連携を見せ付けられ、ショックを受ける


戦闘終了後、廃慈は倍増へ向き直り
何かをつぶやいたが、倍増自身にも聞き取ることは出来なかった

杏「 なぁ、手ごたえなさすぎるぜ?
   慶太兄ぃ、もうちょっとまじめにやろうぜ? 」

慶太「 ・・・ちょっと気合入れなおすわ 」

兎「 また、ほとんど何もできなかったぞ・・・ 」

壷「(倍増の動き・・・あれは・・・)」

葵「 杏師匠、居残り特訓させてください〜 」

杏「 わぁったよ、終わったら魔法の練習な?
   狙ったとこには当たらないくせに、なんで私にはHITするんだよ 」

倍増「( やった!ぼ、僕だってやれば出来るんだ!)」

それぞれが、互いを刺激して成長するのか、それとも・・・
まだ、世界制覇への道程ははじまったばかりである