FEZ(ファンタジーアースゼロ)を、もっとたくさんの人に知ってもらい、楽しんでもらうためのコンテンツを置いています。

とりかご | FEZファンサイト
メニュー終わり
おすすめマウス
おすすめマウスパッド

こぼれ話4 慶太と杏

ある日の慶太と杏

杏が烏賊足家にやってきた
慶太は杏のことが気になって仕方ない様子

慶太「 よ、よう・・・久しぶりだな、元気でなにより・・・ 」
杏「 ・・・何か用? 」

慶太「 い、いや・・・あの時のこと・・・謝りたくて・・・ 」
杏「 別に謝って欲しくない 」

慶太「 ・・・杏、いったいどうしちゃったんだ? 」
杏「 どうもしてない、これが私 」

慶太「 いや・・・なんか怒ってないか? 」
杏「 別に・・・ 」

慶太「 そうか・・・あの・・ 」
杏「 もう放っておいて・・・ 」

慶太「 わ・・・・わかった 」

慶太「 (いったい、なんだってんだ・・・) 」

理由もわからずただ呆然とする慶太だった


葵「 杏ちゃん、これからよろしくね 」
葵「 わからないことあったら何でも聞いてね 」
杏「 ・・・わかった 」

兎「 杏〜!よろしくなっ俺は兎だ 」
杏「 ・・・よろしく 」

慶太以外の兄妹には、それなりに会話が成立するようだ

慶太「 なぁぜだぁああああああああ!なんで俺だけ・・・ 」


葵「 ねぇねぇ杏ちゃん、なんでお兄ちゃんにはあんなに冷たいの? 」
杏「 ・・・えっ?べ、別に冷たくしてる・・・つもりはない 」

葵「 そう?お兄ちゃん落ち込んでるよ・・・杏に嫌われてるって 」
杏「 嫌ってなんかないっ 」

葵「 ・・・じゃあ、なんでだろう・・・」
杏「 ・・・・・・ 」

葵「 これからずっと一緒に暮らすのに・・・ 」
葵「 もし、私でよければ・・・理由を教えてくれないかな? 」

杏「 ・・・・・・ずっと・・・待ってたのに・・・ 」

杏は小さな声でつぶやくように言った

葵「 へ?まってたって・・・お兄ちゃんのこと? 」

杏「 あぁ!もうなんでもないっ!!!今の無し忘れて! 」

そう言うと、杏は走り去った

葵「 うーん・・・ひょっとして、すねてるだけなのかな? 」

葵「 兄ちゃんには黙っておいたほうがいいかな・・・ 」

葵「 下手に口を挟むと余計すねちゃいそうだし・・・・ 」

葵「 兄ちゃんの困ってる姿も楽しいしねっ 」


意外と腹黒い葵であった